慈悲の瞑想

慈悲の瞑想
慈悲の瞑想

2014年に起きた韓国のセウォル号沈没の事故、その後の報道による事実の恐ろしさ。

高校生の無念の死。今も捜索が続く船内。家族の方の焦燥感。

 

誰しもが驚き、哀しくなり、胸が痛む出来事でした。

どうしてこんなことになるのだろう。

 

「慈悲の瞑想」とは

 

祈りを込めて、「慈悲の瞑想」をしてみてください。

 

 

私は幸せでありますように
私の悩み苦しみがなくなりますように
私の願いごとが叶えられますように
私に悟りの光が現れますように

私は幸せでありますように(3回)

 

 

私の親しい人々が幸せでありますように
私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように
私の親しい人々の願いごとが叶えられますように
私の親しい人々にも悟りの光が現れますように
私の親しい人々が幸せでありますように(3回)

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように
生きとし生けるものが幸せでありますように(3回)

 

 

そして、

 

 

私の嫌いな人々も幸せでありますように
私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように
私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように

 

 

私を嫌っている人々も幸せでありますように
私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように
私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように
私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように

 

 

いきなり、嫌いな人の慈悲の瞑想は難しい。

自分のなかで、慈悲の瞑想が腑に落ちて、慣れてきてからの方がいい。

 

心にもないことを心から、本気で念じることは不可能かと思います。

また、死んだ人を思い浮かべて「慈悲の瞑想」をしてはいけないと言われています。

 

今生きている生命に対して行う瞑想

 

亡くなった方を思い浮かべると「悲しみ」が出てしまい、
念じるほどに心が汚れてしまうそうです。

あの世にいる状態を想像できず、自分の思い出が対象となります。
今生きている生命を対象にして「慈悲の瞑想」は行います。

 

心が落ち着く「サマタ瞑想」の代表が「慈悲の瞑想」です。

声に出さなくても、心の中で念じるだけでいいと思います。

この世のすべての人の心が落ち着いたら、それが平和。

 

そう、願います。

 

合掌

最新の情報をフォローする follow us follow us
この記事を見られた方にオススメの記事