ヨーガ療法・ダルシャナとは?

ヨーガ療法・ダルシャナとは?
ヨーガ療法・ダルシャナとは?

書籍紹介

鎌田 穣 (著), 木村 慧心 (著),『ヨーガ療法ダルシャナ (伝統的ヨーガにもとづくヨーガ療法標準テキスト)』,ガイアブックス,2017年

 

内容紹介

心身相関疾患に苦しむクライアントたちへの伝統的ヨーガの指導法を、現代社会において活用し、世界に普及させる目的で本書が書かれた。
理智に直接アプローチする理論と技法に関する書籍は「世界初!」。

ヨーガ療法ダルシャナとは、面接技法(カウンセリング)に匹敵する。それによって、クライアントの情報を収集し、情報に基づいて評価(アセスメント)を行う。その評価に従った介入目標の設定と達成方法を立案し、十分な説明を受けたクライアントの同意を得て、現代社会における心身両面の深刻な病を取り除く技法であり療法である。

 

伝統的ヨーガの智慧に根差したヨーガ療法アセスメントとそれに基づく指導・介入技術であるヨーガ療法インストラクション、ヨーガ療法ダルシャナ技法および理智教育技法を完備した、心身両面への対人援助体系であるヨーガ療法の必要性を説く本書は、5000年の伝統の中で伝承されてきた理智の修正を目指す師弟間のダルシャナ技法と、現代臨床心理学が開発してきた各種技法とのコラボレーション技法といる。
そのような意味で、本書は5000年の叡智の上に成り立つヨーガ療法ダルシャナというオリジナルな理論と技法の教本といえ、臨床心理学とは一線を画するものになる。

 

筆者自身、確かにこれは世界初の「ヨーガ療法ダルシャナ教本」であると実感した。
多くの実習者の方々が伝統的ヨーガの智慧によって救われ、離欲と理智の修正までをも含む苦からの解放に至れるように、多くのヨーガ療法士の方々が本書で示した理論と技法を利用して援助していけるよう、本書を役立てて欲しい。

(Amazonより引用)

 

進化するヨーガ療法

ヨーガ療法は、どんどん進化を遂げています。

ただしヨーガ療法を実際に自分に落とし込むとなると至難の業です。

 

伝統的ヨーガ

カウンセリング

 

そう簡単に理解したり、自分のモノになったりすることは、簡単ではありません。

 

ヨガを続けていく中で、何よりも大切にしたいのは
「治療的自我」


自分自身がどんな人間か?
どうあるべきか?


決して、どうするべきか?ではないのです。

 

そのことは、ヨガインストラクターであろうとなかろうと、変わりはしません。

一度考えてみてはいかがでしょうか。

合掌

最新の情報をフォローする follow us follow us