ヨガの可能性

ヨガの可能性
ヨガの可能性

名刺やチラシに入れているお気に入りのイラスト。

 

オフの日や時間がある日などは、じっくりといろんなことに取り組んだり、考えてみたり、自分の方向性を整理してみたり、といったことはあるでしょうか。

 

何のためにヨガをするのか

ヨガの勉強、修業は一生続くことは間違いありません。
勉強の内容はいろいろあるけれど、基本するべきことはある程度誰でも同じ部分があります。

 

インプットすることの大切さ。

 

そして、それ以上にし続ける必要があるのは、アウトプット。

 

この方法は、すべてのヨガインストラクターによって、違っているように思います。

 

目標というか、何のためにヨガのインストラクターをするのかという思いが、違っていると思うのです。

 

いい悪いはありません。

それぞれに需要と供給があるはずです。

 

社会貢献という可能性

修行の中で、自分がどこに向かっていくのか、立ち止まってゆっくり考えてみようと思うことはでてきます。

 

ヨガを続けていく中で、たくさんのヨガ関係者と知り合うことができ、

自分と違うと思われることに出会うことで、自分のことがわかったりします。

 

社会貢献

 

ヨガインストラクターにとって、ヨガ通した社会貢献ができることは、一つの大切な目標であり、ヨガの可能性でもあります。

 

ヨガをするか、続けるかは、各自の自由判断なんですが、まだヨガを知らない人に知っていただき、体験していただきたいといつも思っています。

 

ひとりでも多くの人に。。。

最新の情報をフォローする follow us follow us